豪ドル円(AUD/JPY)の人気が復活

豪ドル円(AUD/JPY)ならフォーランドオンライン。FX業者中、最高のスワップ金利を提供してくれています。毎日スワップ金利の累積金額をメールでお知らせしてくれるサービスもある。スワップ派には欠かせないFX会社です。

豪ドル円(AUD/JPY)の人気が復活

2009年10月オーストラリアがサブプライム問題以降、先進国の中でいち早く政策金利を引き上げてきた。これまで中国の景気拡大、資源鉱物価格の高騰により拡大をしてきたオーストラリアであったが、リーマンショックによる世界経済の後退で豪ドルも売られてきた。AUD/JPYは今後どうなるのか。今後も継続的に政策金利もあがっていくことが予想されるため、外貨預金やFXでAUD/JPYの人気はますます高くなっていくことだろう。人気が集まれば、同国の通貨豪ドルが買われていくことになるので、個人的にはオーストラリアドルの今後が非常に楽しみである。

主要通貨の為替レート見通し

米ドル

 

FOMC声明と米国雇用統計を受けて米国の超低金利長期化観測が高まったが、日銀も「緩和的な金融環境を粘り強く確保してくことが必要」との見解を示しており、金利面からはドルと円は優劣つけがたい。

 

株高・コモディティ高によるリスク選好からクロスでの円売りが強まれば下値は限定されようが、ドルを積極的に買う材料も見当たらず、一目均衡表の雲の下限(現在90.80円付近)が強い抵抗線となりそうだ。

 

 

ユーロ

 

FOMCと雇用統計を経て、FRBが来年4-6月まで金利を据え置く可能性が浮上している一方、ECBは「危機対応の流動性対策は適切なタイミングで徐々に縮小」と出口戦略に向けて地ならしを開始しており、米欧の金融スタンスの格差が広がってきた。

 

過剰流動性や景気刺激策期待から株価も堅調に推移しており、ユーロが上値を

試す動きが再開しそうだ。

 

 

ポンド

 

英中銀MPCが「インフレ率は急上昇し、近いうちに2%の目標を上回る見込み。数多くの指標、経済活動が近く上向くことを示唆」など明るい見通しを示したことから、金融政策正常化の見方が浮上してきた。

 

今週は英中銀四半期インフレ報告に注目。インフレ上昇見通しがあらためて示されればポンドがさらに上昇へ。

 

 

豪ドル(AUD/JPY)

 

株高・コモディティ高を背景としたリスク選好の流れで高金利通貨がじり高の展開。主要国が景気刺激策を継続する中で、RBAは段階的な利上げ方針を示しており、豪ドルは唯一の利上げ通貨として人気化する可能性も考えられる。

豪ドルの正式名称はオーストラリアドルです。

 

 

NZドル

 

全体のリスク選好の流れで堅調となったが、NZ失業率が9年ぶりの高水準となり、ボラードRBNZ総裁が「NZの景気回復は豪州よりも鈍くぜい弱」であることを強調したことから、対豪ドルでは3か月ぶりの安値をつけた。

 

NZの利上げは来年後半までずれ込む可能性が高く、追加利上げ期待が続く豪ドルとの

かい離が一段と広がる可能性が高い。豪ドルへシフトを検討するのが賢明だろう。

 

 

カナダドル

 

資源価格上昇に一定のサポートを受けるものの、カナダ景気の回復の鈍さ、カナダ中銀のハト派スタンスやカナダドル高牽制姿勢がネックとなり、積極的に買いづらい。対豪ドルでは0.98台と5年ぶりの安値を更新中。ここも豪ドルシフトを検討するのが賢明だろう。

 

FX関連の人気サイトを特集します。

FXをこれから始める初心者の方向けのおすすめサイトです。事前にご確認のうえ、FXをおはじめになられることをおすすめします。

 

FX スプレッド 比較

これからFXをする投資家におすすめのFXサイト

FX|手数料無料で固定スプレッド1銭のFX業者比較

セントラル短資

セントラル短資FXはスワップ金利とチャートの評判・評価が高い。売買シグナルをメールで配信してくれ最新鋭チャート発注機能あり。銀行間市場で100年の歴史があるなど最高のFX業者です。

FX 比較

FX歴5年の投資家が運営。FXで勝つためには、優良な情報があるなどサービス内容の評判がいいFX会社選びが重要です。

FX 初心者

FX初心者入門@達人が教えるFXの仕組みはFX歴5年の投資家が運営しています。